未婚率増加の今こそ頼れる婚活アプリ


生涯一度も結婚せず、未婚のままという選択をする人が爆発的に増えています。
内閣公表の平成30年版少子化社会対策白書内の国勢調査平成27年確定データによると
男性未婚率「20~24歳95.0%、25~29歳72.7%、30~34歳47.1%、30~39歳35.0%」
女性未婚率「20~24歳91.4%、25~29歳61.3%、30~34歳34.6%、30~39歳23.9%」
いかに未婚率が高くなっているかは一目瞭然、男女ともにこの比率は上昇を続けています。

若年層の未婚率上昇と高齢層の婚活増加

若年層、中年層においては、バブル期の25年前には約20人に1人だった割合が、景気低迷期の15年前には約10人に1人と倍増、直近のデータでは約5人に1人とさらに倍増し、2030年を迎える頃には約3人に1人が未婚という選択をするというのが大方の見込みで、見解によってはさらに加速度を増す、あるいは未婚者の割合が既婚者を凌ぐであろうという驚異的な勢いです。
一方で、右肩上がりの若年層、中年層と比べて逆に未婚率が下がっているのが、高齢層です。
アラフィフ世代の婚活が巷で賑わい、盛り上がりを見せていることを考えると、生涯未婚率が上がっているというよりも晩婚化が進んでいると見る方が良いのかもしれません。
かつて結婚は生涯一度の一大イベントと考えられていましたが、離婚率の上昇、少子化、晩婚化、未婚率増加という新たな時代に突入した今、考え方を変えていかなければいけません。
結婚しても30%の夫婦が離婚する昨今、世の中の離婚や再婚に対するタブー視も緩和されつつあります。
法制度の中にある婚姻という形は変わりませんが、結婚に対する向き合い方は確実に変化していますので、理想の家族形態は、それぞれ異なり、それぞれの持つ価値観から結婚という選択肢が生まれてくるというように結婚という高くなりがちなハードルを下げるべき時が来ているのではないでしょうか。

時代の救世主婚活アプリの登場

もちろん様々な事情があったり、各々のポリシーをもって独身を貫くという方もいますので、一括りにしてはいけませんが、国立社会保障・人口問題研究所の平成27年度出生動向基本調査(独身者調査)によると、結婚しない理由として男女ともに「適当な相手にめぐりあわない」がトップになっています。
前述の未婚率データとこちらのデータを同軸にしたときに浮かび上がるのが、結婚は考えているが相手がいないからできないという層が一定数いるという事、未婚率は増加、理由は出会いが無いからであるとなれば、結婚したい人が婚活を始めれば、むしろ結婚できる確率は上がるという事になります。
さて、ひと口に婚活といっても様々な方法がありますが、昔ながらのお見合いや結婚相談所の類は、シェアが急上昇している婚活アプリに淘汰されつつあり、時代にベストマッチしたツールへユーザーが流れる傾向を避けられるような、新たなモデルが生まれるということも考えにくいのが現状です。
ひと度お見合いとなれば、双方の親族、仲人を含め数週間前からのスケジュール調整が必要ですし、当日はフォーマルウェアを身に着けるのが常識、それなりの会場をセッティングし、そこへ赴く為には関係者全員分の交通費が掛かります、これが必ずしも目的を果たせる保証は無く、万一失敗してしまったらそれこそ大ごとで、費用の面でも精神的にも自分一人がダメージを負うというだけでは済みません。
それに比べて、婚活アプリを使う場合、インストールして登録を済ませた時点で、異性の顔写真付きプロフィールが数えきれない程並びます、条件面や容姿の判断も兼ねて検索システムから自分に合いそうな相手を絞込み、選んだ相手に顔合わせを希望するメッセージを送信する、これだけでお見合いの段取りが済んでしまったようなものですし、出会いから成婚までのプロセスは全て当事者間で解決しますので、使い勝手の良さ、費用面においても圧倒的です。
結婚相談所で婚活をする場合、平均15万円程度の費用が入会するだけで掛かってきます、これを支払っただけで結婚相談所のシステムやサービスを利用できるという事ではなく、検索システムを使う、アドバイザーから紹介してもらうという当然のサービスを受ける際にも、平均1~2万円の月額料金が発生しますし、結婚相談所が主催するパーティーやセミナーに参加するなどの場合、利用料は別途発生するというのが一般的です。
その点、婚活アプリの費用は高くても月額5000円前後で、提供しているサービスは無制限に使えるというのが一般的、結婚相談所が地域や費用面で制約があることに比べ、窓口は格段に広く、全国規模あるいは世界規模で登録ユーザーが集まっている上に、マッチング機能も利用でき、理想の相手を探すという婚活の根底から結婚相談所を凌駕しているのは言うまでもありません。
ひと昔前までネガティブなイメージを持たれていたネットでの出会いも、大手企業の参入や法整備も整いつつある背景から、今や広い世代で認知され、婚活におけるスタンダードな選択肢となりました。
賃金格差が生じ、未婚率も高まるこの時代にあって、婚活アプリの登場はまさに救世主的と言って過言ないでしょう。

婚活アプリの厳選にピッタリのサイト

ここまで婚活アプリのメリットをたっぷりお伝えしてきましたが、需要がある故に婚活アプリ市場は現在空前の乱立期を迎えており、そのリリース数は留まることを知りません。
誰もが知っている大手企業が運営する網羅型サービスから中小企業のジャンル、趣向を絞ったニッチサービスまで婚活アプリといっても、その機能やユーザー層は千差万別、数限りないアプリから、自分に合ったものを厳選しなければ婚活は始められません。
そんな時役に立つのが比較サイトや口コミですが、今回お伝えしたいのがコチラのサイト
その名もまさに「婚活アプリおすすめランキング比較と口コミ」さん
様々な婚活アプリをレーティングと口コミで比較しており、ランキング形式で紹介してくれています。
中でもお勧めしたいのが、下記URLページにある婚活アプリ紹介ランキングです。
なんと管理人さん自らが、全ての婚活アプリを実際に利用し、使用感やクオリティ、情報量などから比較検証をして、独自のランキングにまとめています。
https://www.konkatsu-apri.com/
婚活に行き詰っている、婚活アプリの選び方がわからないという方は
ぜひ、コチラのサイトで婚活アプリを厳選し、自分サイズの婚活を始めてみて下さい。

結婚したい職業人気はエステティシャン・マッサージ師

エステティシャンの彼女が欲しい、マッサージ師や整体師と結婚したいという方が少なくありません。
まさに美の本場で働くのがエステティシャンですから、当然エステティシャン本人も美意識は高くキレイだというイメージを持つ男性は多いでしょう、メンズエステというジャンルが確立されて久しい時代ですので、男性がエステティシャンと接する機会が増えたことも人気の要因かもしれません。
マッサージ師、整体師の方を結婚したい職業に上げる女性も多く、理由としては、お年寄りや子供と接しているから優しそう、献身的に人を癒していて誠実そう、プライベートでマッサージや整体をしてくれそうといったストレートな要因で人気が高いようです。
需要の高さに反して、実は恋人のいない職業ランキングでも上位に入っているのが、エステティシャン・マッサージ師という職業です。
リラクゼーション業界で働く方は相対的に忙しい傾向にあり、サービス業ですから祝日の出勤は当然のこと、施術を受ける方のペースに合わせなくてはいけない性質上、就業時間も不規則になりがちです。
加えて、職場に異性が少ないというのもエステサロンやマッサージ店の特徴であり、一般職と比べると出会いが少ないというのがランキングの上位に上がる大きな要因と言えます。
リラクゼーション業界で働く方と出会いたい婚活者、働いていても出会いがない婚活者、その双方を繋ぐのもまた婚活アプリです。
婚活アプリのプロフィール検索機能やマッチングシステムを使えばどちらの目的も即果たせますので、第三者からの紹介を待つなど、地道な婚活を続けるよりも、婚活アプリに登録する方がスピーディーでハイクオリティの婚活ができるはずです。